メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

どうする汚染処理水

 東京電力福島第1原発でたまり続ける汚染処理水を巡り、政府の有識者小委員会は今年2月、現実的な選択肢として「海洋放出」「大気放出」の2案を提言した。放射性物質のトリチウムを含む処理水を放出すると風評被害が予想され、地元では反対意見が根強い。最終判断する政府は解決に向け何をすべきか。識者の見方を聞いた。

 東京電力福島第1原発から出る汚染水を処理した水に残る放射性トリチウムは、国の基準値を下回る濃度ならば、海や大気に放出しても科学的には健康に影響はないものだ。

この記事は有料記事です。

残り4316文字(全文4546文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです