メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

どうする汚染処理水

 東京電力福島第1原発でたまり続ける汚染処理水を巡り、政府の有識者小委員会は今年2月、現実的な選択肢として「海洋放出」「大気放出」の2案を提言した。放射性物質のトリチウムを含む処理水を放出すると風評被害が予想され、地元では反対意見が根強い。最終判断する政府は解決に向け何をすべきか。識者の見方を聞いた。

 東京電力福島第1原発から出る汚染水を処理した水に残る放射性トリチウムは、国の基準値を下回る濃度ならば、海や大気に放出しても科学的には健康に影響はないものだ。

この記事は有料記事です。

残り4316文字(全文4546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです