メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

声をつないで

国際女性デー2020 強制性交等罪、改正を 「自発的な同意」判断基準に 弁護士・角田由紀子さん

 性暴力被害者の支援に携わるようになったのは1986年、「東京・強姦(ごうかん)救援センター」の法律担当アドバイザーになったことがきっかけです。被害者相談や告訴事件を担当する中で、司法における強姦(強制性交)事件の扱いのおかしさが分かってきました。

 まず日本の法学教育の現場では、ジェンダー認識がほとんどありません。とりわけ性暴力事件については、法律家が被害実態をほとんど知らないのです。

 また、刑事裁判で強姦と認定されるのは、極めて激しい暴力があった事件に限られてきました。暴力は身体的な暴力のことだと考えられており、被害者の気持ちは関係ありません。現在の刑法でも、強制性交等罪に「暴行または脅迫を用いて」という成立要件があります。このままでは、ごく一部の被害者しか救われません。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊島区女性不明 栃木で遺体の一部発見 29歳を死体遺棄容疑で逮捕へ

  2. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  3. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  4. 清原和博さんが野球教室 「自分なりに発信したい」公式チャンネル開設に意欲

  5. はやぶさ2カプセル、大気圏突入 豪上空に火球観測 JAXAチーム回収へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです