メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

渡辺享子さん=移住した石巻で空き家を改修して賃貸住宅に

 2011年に起きた東日本大震災の後、ボランティアとして訪れた宮城県石巻市に移住して起業した。そのままでは住みにくい古民家や商店を改修して、個性的な賃貸住宅に仕立てる。「多様な人たちを呼び込んでコミュニティーづくりを支援したい」と意欲を語る。

 就職活動で東京・新宿を歩いていて震災に遭遇。2カ月後に大学院の研究室仲間と石巻市に入った。何度も足を運ぶうちに「町の人たちが前向きに取り組んでいる姿勢にひかれ」、翌12年に移住した。住んでみると、移住したくても住む場所に困っているボランティア仲間が多いと気付いた。

 「せっかく若い人が移住したいと思っているのにもったいない」。何とかできないかと歩き回って見つけたのは、大通りから遠い、庭は荒れ放題、床は抜けている――といった難がある空き家ばかり。改修すると、そんな物件を面白がってくれるいっぷう変わった若者たちが大勢いた。そこで空き家活用に本格的に取り組もうと、15年に合同会社「巻組」を設立した。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです