メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

震災9年 除染、最終処分まで遠く 21年度、中間貯蔵施設搬入完了見込み

 <くらしナビ・環境>

 11日で東日本大震災の発生から9年。東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県内の除染で出た土壌や草木などの“除染ごみ”を保管する「中間貯蔵施設」への搬入と処理がピークを迎えている。ただ、県外での最終処分を進める具体像は今も見えない。

 ●総量1400万立方メートル

 2月下旬、福島県大熊、双葉両町にまたがる中間貯蔵施設。入り口のベルトコンベヤーに10トントラックがひっきりなしに横付けし、荷台に積んだ黒色のフレコンバッグを次々と搬入していた。中身は、県内の除染作業で発生した除染ごみだ。

 福島第1原発事故では、大量の放射性物質が福島県内を中心とする広範囲に降り注いだ。放射線量を下げるため、除染作業では放射性物質が付着した地表の土や草木をはぎ取るなどしてフレコンバッグに詰めた上で、県内市町村にある仮置き場に一時的に保管。そこから、全てが中間貯蔵施設に運び込まれている。

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文2097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです