メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

水をめぐって/6 道志村「買収」の屈辱、今は昔

 <くらしナビ・環境>

 小さな漁村だった今の横浜市(人口約375万人)が明治に入る直前、国際港になると人口が急増し、生活用水の不足に直面した。水源として山梨県道志(どうし)村(同約1700人)の道志川に着目し、村の面積の36%を占める山林を良質な水を維持する水源林として管理するため1916年に山梨県から買収。「村を売られた」と村民に屈辱感が広がったが、今は昔の話となった。

 村は北の道志山塊、南の丹沢山地に挟まれ、中央の谷を道志川が流れる。当時の横浜が得た2780ヘクタール(現2873ヘクタール)のほとんどは標高千数百メートルの山々の斜面だ。

この記事は有料記事です。

残り1440文字(全文1713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. 東洋紡工場で火災 爆発音後に煙、2人死亡 愛知・犬山

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです