メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

夢をつなぐがん治療 AYA世代女性のために=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

子宮頸(けい)がんや乳がんなど、若い女性がなりやすいがんは、妊よう性の問題に直面しやすい マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 一昔前「がんは治りましたが、患者は死にました」というブラックジョークがありました。しかし今やがんは治る病気になりつつあります。「命だけが助かればよい」という段階から、がんが寛解(再発などの兆候がない状態)した後「どうやって機能を温存するか」「どうやって社会復帰して十分働けるようになるか」に治療法はシフトしてきています。

 最近AYA世代のがんサバイバーという言葉を耳にします。AYAはAdolescent and Young Adult(思春期・若年成人)の略で、15~39歳を指します。これら若年者はがんが寛解した後も長い人生が待っています。中には将来子どもを産み育てたいと願う女性も多くいるのです。

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1301文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです