特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

議会傍聴も中止・自粛 どうなる公開原則 ネット中継対応する自治体も 新型コロナ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東京都議会の傍聴が2月28日からできなくなったことを知らせる張り紙=東京都新宿区で、森健太郎撮影
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東京都議会の傍聴が2月28日からできなくなったことを知らせる張り紙=東京都新宿区で、森健太郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、各地の自治体で議会傍聴を中止したり自粛を求めたりするケースが相次いでいる。議事堂入場者に注意を促しながら、傍聴そのものは続ける自治体もある。「公開の大原則」を守るのか、リスクを最小限に抑えるかで判断が分かれている。

 「都議会の傍聴、議事堂の見学はご遠慮いただいております」

 東京都庁の議事堂入り口には、事実上の傍聴の中止を知らせる文書が張り出されている。都議会は2月27日、感染拡大を受け、傍聴の当面の中止を決めた。現在は3月27日までの会期で第1回定例会を開会中で、中止の間は、ホームページのライブ中継を利用するよう呼びかけている。

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文953文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集