メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入国制限で韓国に反論「考え方や措置は事前通報、丁寧な説明を行った」菅長官会見詳報

記者会見で質問に答える菅義偉官房長官。奥は東日本大震災の犠牲者を哀悼の意をあらわす弔旗=首相官邸で2020年3月11日午前11時21分、川田雅浩撮影

  新型コロナウイルス感染症や東日本大震災などについて、11日午前の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。菅氏は、韓国政府が日本側の入国制限措置について詳細な事前通報がなかったと主張しているのに対して「外交ルートでしかるべき事前の通報を行っている」と反論した。国内での感染状況については、政府専門家会議の見解を踏まえ「急速な感染拡大を回避するために極めて重要な時期であると認識している」と述べた。

 東日本大震災からの復興については、被災者の心のケア、避難生活者らへの支援、東京電力福島第1原発事故の被災地域の本格的な復興・再生を課題に挙げ、「政治の責任とリーダーシップのもとで被災地に寄り添いながら取り組んでいきたい」と述べた。首相官邸の会見室には弔旗が掲げられた。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

この記事は有料記事です。

残り3533文字(全文3886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです