メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政治家が新型コロナを「武漢ウイルス」と好んで呼ぶ理由 WHOは差別助長懸念

麻生太郎副総理兼財務相=国会内で2020年1月31日午前8時47分、川田雅浩撮影

 新型コロナウイルスについて、政府幹部が「武漢ウイルス」と呼ぶことが相次いでいる。麻生太郎副総理兼財務相は10日の記者会見で「武漢ウイルスなるもの」と発言し、山本朋広副防衛相も同日夕、自身のツイッターで「武漢(ウーハン)ウィルス対策への災害派遣」などと発信した。背景には発生地の中国へのけん制があるとみられるが、世界保健機関(WHO)は、特定の地名と結び付けることが風評被害や差別を助長するおそれがあると懸念している。

 麻生氏は以前の会見では「コロナ感染症」「新型ウイルス」などと呼んでいた。山本氏は同じツイートの中で…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです