メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「震災で検察官が最初に逃げた」森法相答弁撤回 「事実」から「個人的見解」に変更

参院予算委員会で、東京電力福島第1原発事後、福島地検いわき支部の検察官が市民より先に避難したとする自身の答弁について弁明する森雅子法相=国会内で2020年3月11日、川田雅浩撮影

 森雅子法相は11日の参院予算委員会で、「(2011年3月の)東日本大震災の時、検察官が福島県いわき市から最初に逃げた」などとする9日の参院予算委での自身の答弁が「不適当だった」として撤回した。予算委に先立つ衆院法務委員会で、弁護士出身である森氏の答弁の妥当性を問いただしたのは、検察官出身の山尾志桜里氏(立憲民主党)。2月に森氏が検察官の定年延長を巡る過去の国会答弁を把握していなかった事実を指摘した因縁の関係だが、「法曹バトル」第2ラウンドはまたしても山尾氏に軍配が上がった。

 森氏は9日の参院予算委で、検察官の定年延長を認める法解釈の変更を巡って「どのような社会情勢の変化があって(解釈変更が)必要になったのか」と問われた際、一例として「東日本大震災の時、検察官は福島県いわき市から国民が、市民が避難していない中で最初に逃げたわけです。その時に身柄拘束をしている十数人の方も理由なく釈放して逃げたわけです。災害の時も大変な混乱が生じると思います」などと答弁した。

 11日の衆院法務委で、この答弁を取り上げたのが山尾氏だった。議事録を手に森氏の答弁をなぞった上で「(9日の)答弁は事実ですか」と尋ねた。森氏は「はい、事実でございます」と認め、「大規模な災害で混乱した場合、地方で検察官の勤務延長を一日たりとも認めないのかと思ったので、例として挙げた」と説明した。

 山尾氏は驚いた表情で「えっ、そうすると、検察官がいわき市から最…

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 枝野氏、政権構想の私案を発表 目指すは「支え合う社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです