メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

育休取得で昇給に差 岐阜県内13市町 県春闘共闘会議調査

昨年、育休を取得した愛知県西尾市の中村健市長。最近は首長が取得する例も出てきた=本人提供

 岐阜県内で育児休業取得で昇給が遅れる自治体が13市町に上ることが、県春闘共闘会議の自治体調査で分かった。同会議は「がっかりな結果。人口の増減にも影響する問題で平等にしてほしい」と、自治体に強く改善を求めている。【岡正勝】

 調査によると、昇給に影響があるとしたのは、21市のうち、恵那▽美濃加茂▽中津川▽可児▽関▽本巣――の6市。21町村でも、八百津▽坂祝▽岐南▽神戸▽輪之内▽大野▽川辺――の7町で昇級に差があると回答した。ただ「昇格」への影響については、調査対象にしなかったという。

 男性の育休取得率は、御嵩町が80%と飛び抜けて高い。高山市、関ケ原町が各16・7%、恵那市15・0%、海津市12・5%など、これらの自治体が10%を超えた。その一方で29市町村はゼロ。同会議によると、御嵩町で取得率が高い理由について「まず人事課職員が取得した結果、他課の職員が続いたため」としている。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. バッハIOC会長 東京オリンピックに自信「ワクチンなしでも安全に開催できる」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです