メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏師「たいが」は高校1年 「かっこいい」から独学 表情や細部にこだわり

「『令和の仏師』として頑張りたい」と語る宮沢汰佳さん=長野県須坂市穀町の田中本家博物館で、佐藤浩撮影

 幼い頃から仏像が好きで、独学で石粉粘土製の仏像を作っている長野市の高校1年生、宮沢汰佳(たいが)さん(16)の作品展「高校生仏師 たいがのミホトケ展」が「田中本家博物館」(須坂市穀町)で開かれている。2019年の作品を中心に約30点を展示する。29日まで。

 幼稚園児の頃に仏像を「かっこいい」と思ったという宮沢さんは、どんど…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです