特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。

特集一覧

舞台縦横ときどきナナメ

「べからずべからずのべからずづくし」の世の中 井上ひさし「きらめく星座」が問う「いま」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
左から、瀬戸さおり、久保酎吉、大鷹明良、松岡依都美=宮川舞子撮影
左から、瀬戸さおり、久保酎吉、大鷹明良、松岡依都美=宮川舞子撮影

 国家が太平洋戦争へと突き進むなか、人々のささやかな喜びやかけがえのない時間、そして命が奪われていく。

 井上ひさしの「昭和庶民伝三部作」の1作目、「きらめく星座」(栗山民也演出)はそんな時代の不条理を、ちりばめられた懐かしい歌や笑いと涙と共に問いかける傑作だ。これまで何度も見ているが、見るたびにどこか「いま」と響き合う。こまつ座が15日まで、東京・新宿の紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演している。

「きらめく星座」 初日がずれ込み10日開幕

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府のイベント自粛要請を受けて5公演が中止になり、5日だった初日が10日にずれ込んだ。それでも、なんとか開幕にこぎつけた。感染リスクを広げないことが最優先だ。中止するのも、開けるのも覚悟がいる。

 舞台は1940(昭和15)年11月3日、明治節の夜から、翌41年12月8日の前夜、つまり太平洋戦争開戦前夜まで。浅草のレコード店「オデオン堂」を巡る人々が描かれる。店主の小笠原信吉(久保酎吉)に元歌手の妻ふじ(松岡依都美)、長女みさを(瀬戸さおり)、居候の広告文案家竹田(大鷹明良)とピアノ弾きの森本(後藤浩明)を含め、この家の人たちはジャズや流行歌をこよなく愛する。

 ところが長男正一(高橋光臣)が砲兵隊から脱走したことから、憲兵伍長の権藤(木村靖司)ら官憲からにらまれる立場に。オデオン堂も整理の対象になろうとしている。しかし、みさをが文通相手の傷痍(しょうい)軍人、源次郎(粟野史浩)と結婚し、一躍「美談の家」となる。

強まる、イベント自粛への「同調圧力」 芝居と重なる現状

 すでに大陸で戦争…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1483文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集