メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン五輪代表と瀬古氏が故円谷幸吉の墓参りへ 恩人に「守ってください」

1964年東京五輪男子マラソンで沿道の大声援を浴びて力走する円谷幸吉=東京都世田谷区内で1964年10月21日

 東京オリンピックのマラソン代表と日本陸上競技連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(63)は12日午前、福島県須賀川市にある1964年東京五輪男子マラソン銅メダリスト、故円谷幸吉さんの墓参りをする。「今のマラソンブームがあるのは円谷さんのおかげ」と語る瀬古氏が以前から温めてきたアイデアだ。8日の代表最終選考会で男女代表6人が出そろったことを受け、円谷さんの墓前で健闘を誓う。

 瀬古氏は2016年秋、マラソンの強化責任者に就任した当初から「代表選手が決まったら円谷さんの墓前に報告し、『守ってください』と言う。若い選手たちに命をかけてメダルを取った円谷さんの偉大さも伝えたい」と語っていた。2大会連続の五輪出場を目指しながら不振で悩んでいた円谷さんはメキシコ五輪目前の68年1月、27歳で自殺した。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです