メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい 哲学者・内山節さん・70歳 感情的判断、むき出しに コロナ禍に思う

=玉城達郎撮影

 未知のウイルスとの闘いが続く。新型コロナウイルスの感染拡大は、先の見えない社会不安を広げている。望んでもなかなかウイルス検査を受けられない人や、マスクを求めてさまよう人々。春休み前なのに、学校に子供たちの姿はない。哲学者の内山節さん(70)もまた、感染拡大防止のための「自粛」の渦中にいる。4月末までの講演予定は軒並み中止や延期となり、静かな生活を送っている。

 「自粛が相次ぐのは、ウイルスの正体が分からないからです。日本において、実際の感染者数が発表された数字より何倍多いかは推測できません。新型ウイルスは突然変異して、性質が変わる可能性もある。正体不明だからこそ、政府はできる限り情報提供をしなければならない。それなのに、徹底されていないから不安が広がってしまうのです」

この記事は有料記事です。

残り2434文字(全文2772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです