復興へ願い込め 山形でキャンドル点灯 新型コロナで規模縮小 /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
キャンドルに灯をともす来場者=山形市で
キャンドルに灯をともす来場者=山形市で

 山形市旅篭町の県郷土館「文翔館」では11日夕、東日本大震災の復興への願いを込めたキャンドルが点灯した。例年は市民らが制作して来場者が点灯するが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて規模を縮小。朝日町の「ハチ蜜の森キャンドル」の協力を得て、ろうそくが入ったガラス瓶約100個を用意し、県職員約15人や訪れた市民らが「3・11」の形に並べ、灯…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

ニュース特集