メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

群響、ベトナム公演へ ふるさと納税で資金調達 /群馬

高崎芸術劇場の大劇場で演奏する群馬交響楽団=群馬県高崎市栄町で

 今年で創立75周年を迎える群馬交響楽団(群響)が、12月にも初のベトナム公演を行う。群響の海外公演は1994年のオーストリアやチェコなど欧州各国での公演以来約四半世紀ぶり。県はベトナム公演のほか、群響の現地での交流行事に掛かる費用を、クラウドファンディング(CF)型ふるさと納税で集める方針だ。【鈴木敦子】

 県文化振興課によると、2019年11月に山本一太知事がベトナム訪問した際、同国政府の要人から「経済交流だけでなく文化交流も進めてはどうか」と提案を受け、今回の群響ベトナム公演を決めたという。「群馬の宝」(山本知事)である群響の公演を通して、同国とのさらなる関係強化を図るという。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです