古本寄贈で20万円、犯罪被害者支援に 県内過去最多 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
サポートセンターあいちの担当者に目録を渡す蟹江署の大橋孝雄署長(左)=愛知県警提供
サポートセンターあいちの担当者に目録を渡す蟹江署の大橋孝雄署長(左)=愛知県警提供

 寄贈された古本などを売った利益を犯罪被害者支援のために寄付する「ホンデリング~本で広げる支援の輪」。2019年の県内での寄付額は、取り組みが始まった14年以来で最多の約20万円になった。

 19年は各警察署や各地域の警察OBからの寄贈が特に多かった。蟹江署は2月、1人2冊を目指して署員約140人に寄…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集