メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪ねてみました

堀家住宅とレストラン「KANAU」=奈良県五條市 南朝の隠れ里を味わう

「賀名生皇居」の扁額の下に立つ堀丈太さん=五條市西吉野町賀名生で、萱原健一撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 奈良県五條市西吉野町の賀名生(あのう)を流れる丹生川沿いにひっそりと建つ茅葺(かやぶ)き屋根の建物。14世紀、京を脱出して吉野へ逃れる途中の後醍醐天皇を迎え入れ、その後、南朝の天皇が仮住まいしたという「堀家住宅」だ。第29代当主の堀丈太(じょうた)さん(54)は、国指定重要文化財となっているこの旧皇居で2019年4月、レストラン「KANAU」を開いた。歴史ファンにはたまらない、隠れ家のような雰囲気のある南朝の里を訪ねた。【萱原健一】

 五條市街地から国道168号を南下し、トンネルを二つ抜けると堀家住宅に着く。「皇居前橋」と書かれた小さな橋を歩いて渡り、ずっしりとした冠木(かぶき)門を見上げると、「賀名生皇居」と記された扁額(へんがく)が掲げられている。天誅組(てんちゅうぐみ)の志士、吉村寅太郎の筆によると伝わる。門をくぐり、庭を挟んで建つ茅葺きの平屋は威風堂々たるたたずまいだ。中世の仮皇居と知って来ているせいか、想像力が先走る…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州で再び分散登校 新型コロナ感染者急増

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです