メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

岡山 「坂田一男 捲土重来」展 岡山市 画業の謎と魅力追求 水害の影響にも注目し /中国

岡山県立美術館の「坂田一男 捲土重来」展会場=岡山市北区天神町で、小林一彦撮影

 日本を代表する抽象絵画の先駆者として近年、画業の再評価が進む岡山市出身の坂田一男(1889~1956)。昨年から今年にかけて東京と、故郷・岡山市で開催の大規模な回顧展「坂田一男 捲土重来(けんどちょうらい)」では、新たに災害と坂田作品の関係がクローズアップされている。【小林一彦】

 坂田は岡山の著名な医師の長男に生まれ、医業を継ぐことが期待されていたが、受験に失敗。精神的に不安定になり、回復後に絵の道に進んだ。30歳を過ぎた1921年に渡仏し、当時、各国から前衛的な作家たちが集まっていたフェルナン・レジェの教室で学ぶなどした。

 滞仏中にはパリで開かれた国際的な前衛美術展でピカソやミロ、クレーらとともに坂田作品も展示されるなど活躍したが、父親の死去もあり、33年に帰国。以後は岡山県倉敷市玉島乙島に構えたアトリエを終生の拠点にした。日本の画壇とは無縁で、売るための絵を描くこともなく、独自の創作に没頭した。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1142文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです