メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南阿蘇、地震被災地 高野台団地に防災公園 住民拠点 備蓄倉庫も設置 /熊本

防災倉庫、防災トイレが並ぶ高野台防災公園

 2016年の熊本地震で5人が犠牲となった熊本県南阿蘇村河陽の高野台団地に防災公園が完成した。地域住民900人の防災拠点となる他、防災教育の場としての活用も期待されている。

 団地周辺には、これまで公民館などの防災拠点がなかった。完成した防災公園は広さ約7160平方メートル。総事業費は約2億7400万円。地震で起きた土砂崩れで全半…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 全国移動は6月19日からOK 政府、経済活動再開の指針公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです