メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南阿蘇、地震被災地 高野台団地に防災公園 住民拠点 備蓄倉庫も設置 /熊本

防災倉庫、防災トイレが並ぶ高野台防災公園

 2016年の熊本地震で5人が犠牲となった熊本県南阿蘇村河陽の高野台団地に防災公園が完成した。地域住民900人の防災拠点となる他、防災教育の場としての活用も期待されている。

 団地周辺には、これまで公民館などの防災拠点がなかった。完成した防災公園は広さ約7160平方メートル。総事業費は約2億7400万円。地震で起きた土砂崩れで全半…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです