メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

2045年のインドネシア イスラム主義封印が鍵=熊本県立大理事長・白石隆

首都移転先を視察するジョコ大統領(左)=インドネシア東カリマンタン州で2019年12月17日、アンタラ通信・ロイター

 少々、旧聞に属するが、昨年10月、インドネシアでジョコ・ウィドド政権の2期目が始まった。

 メディアの評判はあまり良くない。スハルト大統領の女婿としてかつて活動家の拉致など治安維持に辣腕(らつわん)を振るい、2014年と昨年の2度、大統領選挙を戦ったプラボウォ・スビアント元陸軍中将が国防相として入閣した。また、17年のジャカルタ都知事選挙で現職の華人キリスト教徒知事の追い落としに中心的役割を果たした「インドネシア・ウラマー評議会」元議長で、インドネシア最大のイスラム団体の元総裁のマアルフ・アミン氏が副大統領に就任した。今後、イスラム勢力の政治的影響力がますます強くなるのではないか。こうした懸念が一つの理由である。

この記事は有料記事です。

残り2643文字(全文2953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです