特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 緊急宣言は「伝家の宝刀」 「発令」なら対策失敗追認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 衆院内閣委員会で11日に可決された「新型インフルエンザ等対策特別措置法」改正案の審議で、政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「緊急事態宣言」の発令に慎重な答弁を繰り返した。既に数々の対策が講じられており、宣言発令はこれまでの対策の失敗を認めることになりかねないからだ。

 審議では担当の西村康稔経済再生担当相が宣言を「伝家の宝刀」と繰り返し表現し、「刀を抜かない」気持ちを表した。菅義偉官房長官も10日の記者会見で「常に最悪の事態を想定し、備えることが重要」と改正の意義を語りつつ、「現時点ではただちに宣言を出す状況にはないと認識している」と述べた。

 背景には、学校の一斉休校など必要な対策はできているという政府の認識がある。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文818文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集