メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

コンビニに対策はなかったのか=周佐喜和・横浜国立大教授

 毎日新聞朝刊経済面に2月5、6、8日の3回にわたって連載された「限界 コンビニの今」を興味深く読んだ。コンビニ加盟店のオーナーと本部側の双方を丹念に取材した記事からは、コンビニの現場の切迫感がひしひしと伝わってきた。そこからは、従来の24時間営業の持続が危ぶまれ、拡大路線にブレーキがかかろうとしているコンビニの姿が鮮やかに浮かび上がる。

 こうした問題点は、昨年あたりからよく指摘されるようになり、本連載もそれを的確に踏まえたものだと思う。しかし、考えてみると、こうしたコンビニの抱える問題点は、昨今になって、急に生じたものとは言い切れないのではないだろうか。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文801文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです