メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

福島原発の汚染処理水問題 「時間切れ放出」許されぬ=岩間理紀(東京科学環境部)

東京電力福島第1原発の汚染処理水を貯蔵するタンク=福島県大熊町の福島第1原発で2020年1月21日、吉田航太撮影

岩間理紀(りき)

 東京電力福島第1原発でタンクにたまり続ける汚染処理水の処分方法について、政府の有識者小委員会は今年2月、現実的な選択肢として「海洋放出」「大気中への放出」の2案を提言した。海洋放出の利点を強調する一方で、風評被害への具体的な対策は盛り込まれなかった。漁業などへの影響を懸念する地元が「容認できない」と声を上げるのは当然だろう。最終決定をする政府は、廃炉に向けたスケジュールを可能な限り延ばしてでも地元が納得できる解決方法を模索すべきだ。

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文2022文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

  3. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  4. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 乳がん検診停止、不安 英医療逼迫、98万人受けられず

  5. 神戸大、新型コロナ抗体薬研究へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです