メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

藤本高之さん=「イスラーム映画祭」を一人で続ける

 「戦争や難民、政治的な話題から離れたイスラムも知ってほしい」。原点はぶれない。5回目の今年も中東や東南アジア、南米で製作された幅広い12作品を集めた。

 25歳で会社員をやめ、海外放浪に出かけた。バングラデシュ人の強烈な人なつっこさと現地で聞いたアザーン(礼拝の呼びかけ)の感動的な響き、イランで受けたしつこいほどの親切と熱いもてなし……。「イスラム社会の良さを映画で伝えたい」と、仲間と企画した2015年の初回は、仏パリで起きた同時多発テロの直後だった。「イスラム=テロ」の印象を払拭(ふっしょく)するつもりだったが、皮肉にも注目された。2回目以降は作品調達から…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです