メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

流星は小惑星のかけら 日本の広範囲で目撃 国立天文台

大阪府で観測された流星=2017年4月(国立天文台の春日敏測特別客員研究員提供)

 国立天文台は、2017年に日本の広い範囲で目撃された明るい流星が、地球に近い軌道を飛ぶ小惑星から放出されたかけらだったと発表した。流星の多くは彗星(すいせい)の尾が地球の大気圏に突入したものだが、小惑星由来だと判明するのは珍しい。小惑星は遠い将来、地球に衝突する可能性もあるという。

 流星は17年4月29日未明、関西を中心に北陸や関東で、北東から南西の空へと流れるのが目撃された。国内12カ所の監視カメラがこれを捉え、国立天文台が…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです