特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

「検察官逃げた」は事実か 森法相発言はどうして生まれたか

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会の委員会での発言などについて安倍晋三首相から厳重注意を受けた後、記者団の質問に答えて問題の発言を撤回、謝罪する森雅子法相=首相官邸で2020年3月12日午後2時52分、川田雅浩撮影
国会の委員会での発言などについて安倍晋三首相から厳重注意を受けた後、記者団の質問に答えて問題の発言を撤回、謝罪する森雅子法相=首相官邸で2020年3月12日午後2時52分、川田雅浩撮影

 「東日本大震災のとき、検察官が最初に逃げた」「身柄拘束をしている十数人を理由なく釈放して逃げた」。森雅子法相が9日、参院予算委員会で不用意な発言をしたことで、国会運営の混乱を招いた。森氏は11日の衆院法務委員会で事実関係をただされ、「個人的見解」だったとして発言を撤回したが、野党は納得せず、12日の衆参各委員会はストップ。政府・与党は新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案の早期成立を期すため、安倍晋三首相が森氏を厳重注意し、ようやく国会は「正常化」した。しかし、疑問は残る。実際に検察官は「逃げた」のか。どうして、このような発言をしたのか。

 問題となった森氏の発言は、立…

この記事は有料記事です。

残り2213文字(全文2502文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集