首相、一方的な「謝罪」アピール 野党の審議復帰に「ぶら下がり」利用

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
森雅子法相へ厳重注意をしたことについて話そうとして記者からの質問を待つ安倍晋三首相(左)=首相官邸で2020年3月12日午後4時33分、川田雅浩撮影
森雅子法相へ厳重注意をしたことについて話そうとして記者からの質問を待つ安倍晋三首相(左)=首相官邸で2020年3月12日午後4時33分、川田雅浩撮影

 森雅子法相の答弁撤回を巡って国会が一時空転した12日、安倍晋三首相は「謝罪」の姿勢を野党に示すよう迫られた。午後1時からの衆院本会議で、新型コロナウイルスに対応するための新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案を可決する予定だったが、森氏の辞任を求める野党が欠席する姿勢を示したからだ。与党のみの出席で採決が強行されれば、首相が呼びかけた「政治休戦」が崩れてしまう。そこで野党を審議に復帰させるため、首相が示した「謝罪」の形とは――。

 午後4時33分、首相が首相官邸3階のエントランスに現れ、記者団の方に歩み寄ってきた。「ぶら下がり」と言われる記者団との立ったままでのやりとりは、通常は事前に首相秘書官と調整したうえで行われる。しかしこの日は、記者団が要請していないにもかかわらず、直前に秘書官から「取材に応じる」と通告があった。

 記者団の前で立ち止まった首相。何か発表があるのかと記者が身構えたが、首相は沈黙したまま。双方とも切り出さぬまま、数秒間の沈黙が流れた。

 マイクを持った民放の記者がしびれを切らし、「森法務大臣への厳重注意ということでしょうか」と問うと、首相は神妙に答えた。

 「はい、森法務大臣の国会の答弁における不適切な発言について私から本人に厳重に注意をいたしました。すでに森法務大臣自身が発言を撤回し、謝罪をしているものと承知をしております。今後より一層緊張感を持って職務を果たしていってもらいたいと考えています」

 記者団が「具体的にどのような……」と2問目を続けようとしたが、首相は言いっぱなしで立ち去った。

 12日は森氏の発言を巡り、野党が国会での審議に応じられないと主張。午前から与野党の国対委員長会談が繰り返されたが、衆院本会議開始予定の午後1時を過ぎても、進展がなかった。一時は野党欠席のまま特措法改正案の採決を強行する案も与党から出たが、大島理森衆院議長(自民)が与野…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1569文字)

あわせて読みたい

注目の特集