メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証大幅続落 午前終値1003円安、1万8412円24銭 新型コロナ先行き懸念強まる

1万9000円を割り込み下落する日経平均などを表示する株価ボード=東京都中央区で2020年3月12日午前10時半、佐々木順一撮影

 12日の東京株式市場は続落した。日経平均株価の前日終値からの下げ幅は一時1000円を超え、2営業日ぶりに1万9000円を割り込んだ。11日のニューヨーク株式市場が大幅下落したことに加え、新型コロナウイルスの感染拡大で米国が欧州からの入国を30日間制限することを打ち出したことなどで先行き懸念が強まった。午前の終値は、前日比1003円82銭安の1万8412円24銭。

 11日のニューヨーク株式市場は、トランプ米大統領が表明した大型景気対策の実現性が疑問視され、ダウ工業株30種平均は前日比1464・94ドル(5・9%)安の2万3553・22ドルで取引を終えた。下げ幅は9日の2013・76ドルに次ぐ過去2番目の大きさとなった。ダウ平均は2月12日につけた史上最高値から20%超値下がりし、株価上昇が当面見通せない「弱気相場」に入った。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 枝野氏、政権構想の私案を発表 目指すは「支え合う社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです