メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧宗主国オランダの国王、独立戦争時の虐殺事件でインドネシアに謝罪 現地で驚き

オランダのウィレム・アレクサンダー国王の謝罪を報じたインドネシアの新聞=2020年3月12日、武内彩撮影

 旧植民地のインドネシアでオランダのウィレム・アレクサンダー国王がインドネシア独立戦争(1945~49年)時に起きたオランダ軍による虐殺事件について謝罪したニュースは、インドネシアで驚きをもって受け止められた。45年8月17日に後に初代大統領に就いたスカルノ氏が「独立宣言」を読み上げてから今年で75年。国王の謝罪は両国関係の転換点になりそうだ。

 オランダ国王による「私の遺憾と謝罪」を受け、11日付コンパス紙は1面で「国王が過度の暴力を謝罪」、メディアインドネシア紙も「独立後の暴力に謝罪」との見出しで大きく伝えた。

 ツイッターには「ようやく謝罪した!」「決して忘れはしないが許そう」と歓迎する投稿が相次いだ。

 国王夫妻の訪問には賛否両論があった。遺族グループは1月末に反対を表明。訪問の条件として、国王の謝罪や45年8月17日を独立日として正式に承認すること、遺族への賠償金の支払いを挙げた。

 9…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです