メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

写真はイメージ=ゲッティ

 千葉県教委は11日、教え子にわいせつな行為をしたとして高校教諭を、現金を着服したとして高校事務職員をそれぞれ免職処分とし、各校の校長ら3人を戒告とした。また、器物損壊などの容疑で逮捕された中学校教諭ら2人を減給処分とした。今年度の懲戒処分は前年度比10件増の30件となる。

 県教委によると、免職処分を受けたのは県北西部の県立高校の男性教諭(54)。男性教諭は2019年3~8月、顧問を務める運動部の女子部員1人に対し、自家用車や校内、県外の合宿先のホテルの部屋に呼び出し、「体の疲れをとるためのマッサージ」として体を触るわいせつ行為な…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです