特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

登校させなくても「欠席にせず」 佐賀・県立校16日再開方針 新型コロナ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
16日から県立学校を再開させる方針を示し、報道陣の取材に応じる山口知事=佐賀市で2020年3月11日、竹林静撮影
16日から県立学校を再開させる方針を示し、報道陣の取材に応じる山口知事=佐賀市で2020年3月11日、竹林静撮影

 新型コロナウイルスの感染防止のため実施されている臨時休校を巡り、佐賀県は11日、県立学校を16日から再開する方針を決めた。県内の20市町全てが同調する方針を示しており、県内では同日から大半の小中高校が再開する見通しとなった。共働き家庭の保護者らからは安堵(あんど)の声が聞かれた。

 山口祥義知事は11日に県庁で開かれた対策会議で学校再開の方針を表明した。県内で感染者が出ていないことに加え「自宅に籠もったままの子供に、心身共に健康に過ごしてほしい。県内で感染が発生した時に(対応を)修正していくほうが、子供たちのためになる」と強調した。

 ただし、保護者が感染予防のため子供を登校させない場合は「欠席扱いとしない」とし、学校関係者や保護者には「風邪気味など少しでも具合が悪ければ登校させないでほしい」と呼びかけた。部活動は、対外試合の自粛や練習時間の短縮などの条件付きで再開する。県は11日、再開方針を各市町や私立学校に通知した。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文813文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集