特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

清酒鑑評会にも新型コロナの影響 回し飲みやめてスポイトでコップに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 静岡県内の酒造会社が造った新酒の出来を競う清酒鑑評会が12日、沼津市で開かれた。新型コロナウイルスの感染防止のため、グラスを回し飲みしていた例年の方法を改め、審査員は新酒をスポイトでグラスから使い捨てのプラスチックコップに移して味わった。最優秀の県知事賞には吟醸酒の部で土井酒造場(掛川市)の「開運」が、純米吟醸酒の部で磯自慢酒造(焼津市)の「磯自慢」が選ばれた。

 吟醸酒の部に17社34点、純米吟醸酒の部に20社40点の計74点が出品された。県工業技術研究所沼津工業技術支援センターで審査が行われ、審査員長の大川勝正センター長以下11人が「調和のとれた香りで味はすっきりしてまろやか」を評価基準に、良い1点▽普通2点▽悪い3点――の評価を下した。

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文479文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集