猫の「ぴーち」施設長退職へ 皮膚炎治療に専念 会津鉄道芦ノ牧温泉駅

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
3月末で退職する芦ノ牧温泉駅の「ぴーち」施設長=福島県会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅で、芦ノ牧温泉駅を守る会提供
3月末で退職する芦ノ牧温泉駅の「ぴーち」施設長=福島県会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅で、芦ノ牧温泉駅を守る会提供

 福島県会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅の施設長を務める猫の「ぴーち」が、3月末で退職することになった。患っているアトピー性皮膚炎の治療に専念するため。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、退任セレモニーの開催は当面見合わせるという。

 ぴーちはアメリカンカールの雄で3歳。2017年10月に施設長に就任し、2代目名誉駅長の「らぶ」(雄、5歳…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

あわせて読みたい

ニュース特集