メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ

東京の私立中学が始めた「スマホ持ち込みOK入試」、その狙いとは

問題用紙のQRコードを読み込むと解答を打ち込む画面が表示される=2020年3月11日

 スマホ(スマートフォン)、自由に使ってください――。東京都港区の私立東京女子学園中学校は、今年度実施した入試の一部で初めてスマホを持ち込んで解答に使える方式を取り入れた。全国初という試験方法に込めた思いとは。

 その名も「スマホ持ち込みOK入試」は複数ある選抜方式のうちの一つで、全定員の4分の1をこの方式で募集した。試験会場は図書室。スマホを持っていない受験生も受けられるようにタブレット型端末を用意したほか、図書室の本を使うことも認めた。もちろん、外部の人とのやりとりは禁止だ。

 試験は60分間で三つの大問が出された。例えばこんな問題だ。「タピオカドリンクは東京で1日何杯売れていると思いますか」「2月3日は節分です。今年の節分に日本中でまかれる豆は何粒でしょうか」。スマホを使って調べた統計など…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです