メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勧酒詩選

満開の桜でなくてもいい 花に酔いたい 続・憂鬱すぎる春に

満開の桜=東京都豊島区西池袋で2016年春

 先々週の2月26日、この欄を書きながら思っていたこと以上に、憂鬱すぎる春になってしまった。

 わがセンバツも中止になった。世の中の自粛ムードは最高潮に達している。これはもうムードというより、「国是」「社会正義」化しているというべきだ。自粛して行動を慎むのが、国益にかなった行為なのだ。それ以上に、万国共通の「国際益」にすらなろうとしている。

 皮肉なことに、今年の桜は早いというではないか。来週末あたり、東京近辺では満開を迎え、絶好の花見の舞台が用意されそうだ。

 しかし、花見に対しても、国是の圧力がかかっている。とりわけ、樹下の酒宴などもってのほかというのが、現今、節度ある大人のふるまいということになる。

 花の下に参じて、どう花をめでようと、それは個人の自由と言いたいところだが、桜の木は大体、公園とか堤防に植わっていて、そこを管理する立場の人がいる。彼らは責任を果たそうとするだろう。

 新型コロナウイルス感染の「要警戒 3要素」とは、①換気の悪い密閉空間②人の密集③至近距離で話したり歌ったりする――の三つが重なることである。①が花見の宴会にまったく当てはまらないのは明白だけれど、現状、まあ、そうも言っていられないのである。

 となると、これはもう、1人、ひそかにやるしかない。

  花間一壺酒

  独酌無相親

  (花間(かかん) 一壺(いっこ)の酒 独(ひと)り酌(く)みて 相い親しむもの無し)

 李白の「月下独酌」という4首連作の「その一」である。

 月下とあるが季節は春。一人飲んでいるうちに、月が出てきて、月と自分の影を友とし、自分も入れた3人で飲むとするか、という詩である。

 「行楽須及春」(…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1404文字)

伊藤和史

1983年入社。岐阜支局、中部報道部、東京地方部、東京学芸部、オピニオングループなどを経て、2019年5月から東京学芸部。旧石器発掘捏造(ねつぞう)事件(2000年)以降、歴史や文化財を中心に取材

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです