特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

「円谷さんの走りが今を支えている」 瀬古氏と一山ら墓参 オリンピック健闘誓う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1964年東京五輪男子マラソンで沿道の大声援を浴びて力走する円谷幸吉=東京都世田谷区内で1964年10月21日
1964年東京五輪男子マラソンで沿道の大声援を浴びて力走する円谷幸吉=東京都世田谷区内で1964年10月21日

 東京オリンピックの男女マラソン代表と日本陸上競技連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーらが12日、福島県須賀川市にある1964年東京五輪男子マラソン銅メダリスト、故円谷幸吉さんの墓参りをし、墓前で健闘を誓った。

 この日は男女マラソン代表6選手のうち、男子代表の大迫傑(28)=ナイキ=と中村匠吾(27)=富士通=を除く4選手が円谷さんの墓を訪れた後、同県郡山市で記者会見した。瀬古氏は「円谷さんの走りが今のマラソン界を支えている。東京五輪でいい結果が出れば、また円谷さんに報告に行きたい」と話した。

 8日の名古屋ウィメンズで日本歴代4位の2時間20分29秒をマークした一山(いちやま)麻緒(22)=ワコール=は「じわじわと代表になった実感が湧いている。メダルを目指せるまでの実力をつけたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文725文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集