東日本大震災

福島第1原発事故 原発避難者訴訟 慰謝料上積みを評価 原告団、喜びに震え 初の高裁判決 /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 一日も早く東京電力は判決に従って――。仙台高裁で12日にあった福島第1原発事故を巡る損害賠償訴訟の判決。同種訴訟で初めての高裁判決で、慰謝料上積みが認められるなど、原告団から高く評価する声が上がった。

 午後2時半すぎ、仙台高裁(仙台市)の入り口で3人の弁護士が旗を掲げた。結果を待ちわびていた原告団からは「よかった」などと歓声が上がり、拍手が湧き起こった。

 早川篤雄原告団長(80)は「何と表現すればいいか分からない。本当に良心的な想像以上の判決。裁判長が読む判決文を震える思いで感激して聞いた」と語った。

この記事は有料記事です。

残り2297文字(全文2551文字)

あわせて読みたい

注目の特集