メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 休校の児童生徒、対応などを協議 大垣市対策会議 /岐阜

「新型コロナウイルス感染症対策本部会議」であいさつする小川敏市長(右から3人目)=岐阜県大垣市役所で

 大垣市は12日、新型コロナウイルスに対する対策会議を開いた。県内唯一の感染者が見つかった同市は、休校中の小中学校の対応などについて協議した。

 小中学校では、23~27日(25日を除く)のいずれかの日時で、各学校において約1時間の登校日を設ける。生活状況や学習進度を確認する。また、保護者の就労などで…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

  2. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  3. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

  4. 新たに312人の感染確認 国内8万人超え 感染ペースは鈍化

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです