メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベッドでショー楽しむ カメラ搭載、分身ロボ通じ 難病など20人が遠隔操作 /岡山

ステージ上から映像を送る分身ロボット「オリヒメ」(手前)=鳥取県境港市で、共同

 難病などのために自宅や病院のベッドで療養している東京、鳥取、島根、岡山、福岡、佐賀の6都県の20人が、カメラを搭載した分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を通じ、鳥取県境港市で開かれたショーをリアルタイムで楽しんだ。

 会場のホールでは、クラシック音楽やバルーンアート、紙芝居などが披露された。ステージ上の20台のオリヒメから映像が送られ、幼児を含む20人は手元のタブレット端末で鑑賞。遠隔操作でオリヒメの両手や首を動…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  4. 新型コロナ「感染しやすさ、子どもも大人と同じ」米中チーム

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです