メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株、一時2100ドル安 9日に続き再び取引停止 東証1万9000円割れ

 12日のニューヨーク株式市場は大幅続落し、ダウ工業株30種平均の下げ幅が前日終値比で一時2100ドルを超えた。株価の急落を受けて、市場の取引が一時停止された。新型コロナウイルスの感染拡大を受けてトランプ米大統領が欧州からの入国を制限すると表明するなど、世界経済の悪化懸念が急速に強まった。同日の東京株式市場では日経平均株価が、前日比856円43銭安の1万8559円63銭で取引を終了。終値が1万9000円を下回るのは、2017年4月24日以来約2年11カ月ぶり。

 12日のニューヨーク市場は取引開始直後にダウ平均の下げ幅が一気に1700ドルを超え、株価急落時に取引を一時停止するサーキットブレーカーが9日に続き発動された。15分後に再開された後に下げ幅を拡大し一時2200ドルに迫った。取引時間中の下げ幅としては、9日の2158・71ドルを超えて過去最大。ダウ平均は11日の終値も前日比1400ドル超下落していた。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです