メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 東京五輪、通常開催に暗雲 IOC、無観客も模索か 水面下慌ただしく

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた東京オリンピック開催を巡る関係者の主な発言

 新型コロナウイルスの感染拡大で、東京オリンピック・パラリンピックの予定通りの開催が危ぶまれている。国際オリンピック委員会(IOC)は通常開催の方針を変えていないが、世界保健機関(WHO)の「パンデミック」表明で事態は急展開しかねない。無観客開催や延期の模索など水面下の動きが慌ただしくなってきた。

 大会まで4カ月半に迫ってのパンデミック表明に、東京都の小池百合子知事は「大会に影響がないとは言えない。それだけにIOCとしっかり連携しながら進めていく必要がある。いろんな声が出ているが、中止はあり得ないと思っている」と述べた。大会組織委員会も「予定通り7月の安全安心な大会開催に向けて準備したい」とコメントした。ただ政府関係者は「外堀が徐々に埋められてきている」と顔を曇らせた。

 中止や延期の決定は、IOCが都、日本オリンピック委員会(JOC)と結んだ開催都市契約に基づき、IOCが単独で判断できる。その判断に影響力を持つのがWHOの見解だ。科学的知見を持たないIOCは2月中旬、大会組織委や都、日本政府も迎え、WHOとの合同作業部会を発足させた。IOCは今月3、4日の理事会の時点で、計画通り開催するとした論拠の一つに、WHOがパンデミックを表明していないことを挙げていた。そ…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文1058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです