メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

妙光寺の「新型」お守り

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 1人暮らしの人が増えて、役所も救急隊も緊急連絡先が分からずに困っている――。そんな話をしていたら、新潟市にある妙光寺の前住職、小川英爾さん(67)は「うちの檀家(だんか)さんは寺が連絡先ですから大丈夫です」と言っていた。半年ほど前だったか。

 その小川さんから、先日、こんなの作りました、と名刺大のお守り(カード)が届いた。表に天女像の写真があり、裏側には氏名と血液型、寺の電話番号。財布に入れておけば、外出中に倒れても対応でき、前もって聞いていた「かかりつけ医」も伝えられる。100枚作って3月から希望者を募ったら、問い合わせが相次いでいるらしい。

 1989年、跡継ぎを必要としない集合墓「安穏廟(あんのんびょう)」をつくり、檀家に代わる会員を首都圏などから募って注目された妙光寺。ただ、今回の緊急対応サービスは檀家対象だという。もともと檀家の急な葬儀に対応してきたから、24時間いつでも動ける態勢はあった。1人暮らしの檀徒にとって、カードはまさかのときの、まさに「お守り」になるのだ。

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです