メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

国際女性デー スポーツも男女平等へ 選手「美は競争ではない」

「美は競争ではない」と訴える(左から)バドミントンの高橋礼華選手(奥)・松友美佐紀選手組、卓球の石川佳純選手、サーフィンの前田マヒナ選手、競泳の劉湘選手(中国)、体操のシモーン・バイルス選手(米国)、バレーボール女子日本代表=P&Gプレステージ提供

 8日に迎えた国際女性デーはスポーツ界とも縁がある。国際オリンピック委員会(IOC)は2年前のこの日、男女平等に向けた25の改革提言を発表。大会参加率やメディア露出などあらゆる面での男女平等を目指し、東京オリンピックをモデルケースにしようと取り組んでいる。そのさなか、女子アスリートから「美は競争ではない」との新たな声が上がり始めた。その真意とは――。【田原和宏、円谷美晶】

 私たちの容姿や振る舞いが美しいかどうか、他人が勝手に決めつけないで――。2016年リオデジャネイロ五輪で体操4冠に輝いた米国代表のシモーン・バイルス選手(22)ら国内外のスポーツ界の女子選手が一斉に立ち上がった。

この記事は有料記事です。

残り2641文字(全文2935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです