メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ WHO「パンデミック」 政府、適切な発信を=くらし医療部長・田中泰義

 「村の住民が次々と死んでいく恐怖は忘れられない」。私が1998~99年、米アラスカ州で暮らしていたときに出会った先住民の長老の言葉である。20世紀前半、州は正体不明の病気に襲われた。原因は、結核とインフルエンザという感染症だった。白人に持ち込まれ、先住民に大きな打撃を与えた。現代と違い、情報量は極めて乏しい。長老は「見えない敵だけに、右往左往するしかなかった」と振り返った。

 今、世界は新型コロナウイルスという新たな敵に直面している。感染者は100カ国・地域以上の約12万人に上った。株価は乱高下し、イベントの延期や中止が相次ぐ。電車内でせきをすると、周囲の視線が一斉に向けられる。世界保健機関(WHO)は、世界的な流行を意味する「パンデミック」の状態にあると表明し、警鐘を鳴らした。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文839文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです