メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小池都知事「毎日超ド級の変化…驚かない」 トランプ氏「五輪1年延期」発言に

東京都の小池百合子知事=東京都庁で2019年10月25日、宮間俊樹撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、トランプ米大統領が東京オリンピック・パラリンピックの「1年間延期」を提唱したことは13日、国内関係者にも波紋を広げた。東京都などは火消しに努めるが、世界保健機関(WHO)のパンデミック表明に続き、取り巻く環境は厳しさを増している。

 東京都の小池百合子知事は都庁で報道陣に対し「毎日、超ド級の変化があるので、トランプ大統領の言葉にもあまり驚かない。昨日は採火式も行われ、開催都市として準備をどうであれ、進めていく。都とすれば、中止という選択は全くない」と話した。

 菅義偉官房長官は記者会見で「政府としては予定通りの開催に向け、IOC(国際オリンピック委員会)や大会組織委員会、東京都と連携を取りながら、準備を着実に進めていく考え方に変わりない」と述べ、無観客での開催も「想定していない」と否定した。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです