特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「ラジオでホームルーム」地域FMに小学校教諭出演「笑顔の多い毎日を」 大阪・箕面

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「タッキー816みのおエフエム」ホームページより
「タッキー816みのおエフエム」ホームページより

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い休校中の子どもたちに、ラジオの生放送で先生がメッセージを届ける番組「今日はラジオでホームルーム 休校中のこどもたちへ」が、大阪府箕面市のコミュニティーFM局「みのおエフエム」(周波数FM81・6メガヘルツ)で始まった。日替わりで市内14の全小学校の先生たちが登場し、休み中の過ごし方や先生の思いを話している。

 休校中の子どもたちにできることはないかと同局の放送局長、大平麻由美さん(51)が考えた。「『○○小のみんな!』と呼びかけられるのが私たち地域の放送局」。市教委を通じて先生の出演を依頼したところ、全小学校から協力を得られた。出演する先生の人数、話す内容は学校に任せている。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文699文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集