メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外巨人選手 新型コロナ感染の疑い

第2世代の8人全員、水俣病と認めず 原告側全面敗訴 福岡高裁判決

水俣病訴訟の控訴審判決後の記者会見で苦渋の表情を浮かべる佐藤英樹原告団長(中央)ら=福岡市中央区で2020年3月13日午後4時20分、矢頭智剛撮影

 胎児・小児期にメチル水銀の汚染被害を受けたとして、水俣病未認定患者でつくる「水俣病被害者互助会」の8人が、国と熊本県、原因企業チッソに計約3億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で福岡高裁は13日、1審・熊本地裁判決(2014年3月)の原告勝訴部分を取り消し、8人全員の訴えを退けた。西井和徒裁判長(異動のため増田稔裁判長代読)は、症状が単一で、他疾患による疑いがある場合は「(水俣病の)可能性が減じられる」と判断した。

 1審判決は3人を水俣病と認め計約1億1000万円の賠償を命令。5人については同居親族に認定患者がいないことなどから請求を棄却していた。原告側は上告する方針。

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 青森の住宅で61歳女性死亡 頭に殴られたような傷 殺人事件で捜査

  4. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  5. EU外相、米黒人拘束死を「権力の乱用」と非難 デモは欧州に飛び火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです