メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

母校をたずねる

水戸一高 校是「堅忍力行」が研究哲学のルーツ 日立製作所名誉フェロー・神原秀記さん=1962年度卒

研究室の神原さん=日立製作所のホームページより

 茨城県立水戸第一高の卒業生で世界的に著名な科学者の一人が日立製作所名誉フェローの神原秀記さん(75)=1962年度卒=です。神原さんはDNA(デオキシリボ核酸)の塩基配列を高速で解読する装置を開発し、「30年かかる」とされたヒトゲノム(全遺伝情報)の完全解読を13年で実現させることに貢献しました。一高の校是「堅忍力行」が研究姿勢の原点になったそうです。【鳥井真平】

 水戸市には中学1年の時に東京から引っ越してきました。東京・国分寺にある日立製作所中央研究所に勤めていた父が、日本初の原子炉を開発するため、茨城県東海村の日本原子力研究所に出向したためです。水戸城跡にある市立第二中学校に転校し、堀跡を渡った先にある一高に進学しました。

 高校ではまず、剣道部に入りました。剣道は小さい頃から憧れていたからです。ところが、入部数カ月後、風邪でしばらく休んだ間に、私が使っていた道具を別の部員が使い始めていた一件をきっかけにやめてしまいます。「最初に入部して、最初に退部した」と剣道部内で有名になってしまいました。その後、中学の先輩の誘いで合唱部に入りました。全国大会を目指していた中学時代に比べ、同好会的な雰囲気に飽き足らず、やめてしまい…

この記事は有料記事です。

残り2765文字(全文3283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです